人間関係の達人になるには

「コミュニケーション力」もまた、見えない力が理解できるようになることで高まります。私たちが体験するほとんどの問題は人間関係に起因しています。
表面しか見えていない場合には、ただ苦しいだけに思えるような人間関係も、見えない力が理解できるようになると変わります。
なぜ人と人とが対立するのか- 隠された意義・意味が明らかになるのです。
人間関係を改善する際に最も大切なのは、「相手を理解しようとする姿勢」を持つことです。この姿勢は困難な関係から逃げずに、改善する強さを育みます。同時にコミュニケーションの土台であるラポール(信頼関係)を築く力を、飛躍的に高めます。他者を深く理解する姿勢が「承認力」を高めるからです。当然、交渉力も高くなります。

人間関係の達人はテクニックが優れているのではなく、相手を理解する力が長けているのです。

見えないチカラを理解できるようになると

「見えない力」、つまり無意識についての理解が、「自分でアイデアを発想し、それを具現化できる人材」になるという観点で必要不可欠なだけではありません。

ここまでの解説を読んだだけでも、「自分らしく生きられるようになるため」「才能を開花させるため」「豊かに生きるため」「自由になるため」など、私たちにとっての人生の目的を達成するためにも必要なことだということがわかるでしょう。

ただ私たちは次の図でいうところの、目に見える範囲が全てであると疑わず、そこだけを必死に理解しようとしています。

根本的理解力・表面的理解力

それでは結果的に、表面しか分かっていないことと同じです。
人間関係などで、一時的に問題解決してもすぐに、同じところに問題が発生してしまうのはそこに原因があります。

「本当に知りたかったことは、こういうことです」
© 2005-2018 Yamasaki Hiroshi. All rights reserved. ▲TOP